ライクキッズ株式会社は「人から″ありがとう″といわれるサービスを提供する」を企業理念に1989年の設立以降、30年以上にわたって子育てに携わり、今では全国で380ヶ所以上の保育施設を運営し、預かり児童数10,000名以上、職員数は5,000名を超えるまでになりました。

近年、政府主導の保育施設整備により待機児童数は減少傾向にありますが、待機児童にカウントされない潜在待機児童の存在や放課後児童クラブにおける待機児童数に鑑みれば、いまだサービスが十分に行き届いているとは言えません。また、今後さらに女性の就業率が上昇し、共働き世帯が増加することで一層保育ニーズは高まることが想定されます。

そのような社会情勢の中で、当社が運営する保育施設は今や世の中に欠かすことのできない生活インフラの一部となっており、共働きによりご家族が幼少期のお子様と触れ合う時間が減ってしまうからこそ、ますます当社が果たすべき社会的責任も大きくなります。

当社保育理念「のびやかに育て 大地の芽」の実践によってお子様に「生きていく力」を育むこと、また「あたたかい空間(いえ)が人を育てる」という事業コンセプトのもとお子様もそのご家族も安心して過ごしていただける「第二の家」を提供すること、そして、施設で働く職員に対する敬意と感謝を忘れず本部職員も含め職員一丸となって質の高いサービスを提供し続けることで、当社と関わるすべての方が幸せな生活を送っていただけるよう貢献することが私たちの使命だと考えております。

これからも当社は「人から″ありがとう″といわれるサービスを提供する」という企業理念を胸に、真に世の中にとって「なくてはならない企業」を目指して邁進してまいります。

代表取締役社長 岡本拓岳